FC2ブログ

最新トピックス

興津宿~由比宿の東海道散策ガイド・・・興津から由比あたりには、宿場町の面影を色濃く残す街並みが続く・・・
情緒と賑わいあふれる城下町 飛騨高山を散策・・・高山は城下町の面影と伝統が今も残る町。・・・
山中湖ICから反時計回りに富士山麓をほぼ一周ゆるり旅・・・東富士五湖道路山中湖ICから反時計回りに富士山麓をほぼ一周し・・・
福井県の断崖絶壁が続く越前海岸を行く!!・・・海際まで山が迫り、断崖絶壁が続く越前海岸・・・
迫力満点の大滝 ふくべの大滝を巡る石川県の旅・・・関西からの代表的な山岳ドライブウエーといえば、高野龍神スカイラインや・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本科学未来館

日本科学未来館

先端技術を体験しながら学ぼう
日本科学未来館(にっぽんかがくみらいかん 英称:National Museum of Emerging Science and Innovation、愛称:Miraikan、みらいCAN(みらいかん))は東京都江東区青海の国際研究交流大学村内にある科学館である。

2001年7月9日に開館。館長は宇宙飛行士の毛利衛。独立行政法人科学技術振興機構が設立。当初運営は財団法人科学技術広報財団に委託されていたが、2009年に事業仕分けの対象となりその運営方法が見直され、現在は科学技術振興機構の直轄運営となっている。

・最新の科学技術の紹介
・社会一般への科学技術者の成果の発表
・一般社会からの科学技術の所感・見解などを学会・論文などを通じての研究者へフィードバックする

科学の交流をコンセプトとし、展示物をわかりやすく解説するインタープリター(科学コミュニケーター)や多くのボランティアらが展示解説を行っている。また科学コミュニケーションの手法試行、科学コミュニケーターの育成、輩出も主な事業として行っている。これらの集大成であるサイエンスアゴラの会場にもなっている。

日本科学未来館を含むモデルコースを見る。
東京都までの航空チケットを手配する。
東京都の旅館・ホテルを予約をする。
東京都までのJR・航空+旅館、ホテルを予約する。
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリで探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。