FC2ブログ

最新トピックス

興津宿~由比宿の東海道散策ガイド・・・興津から由比あたりには、宿場町の面影を色濃く残す街並みが続く・・・
情緒と賑わいあふれる城下町 飛騨高山を散策・・・高山は城下町の面影と伝統が今も残る町。・・・
山中湖ICから反時計回りに富士山麓をほぼ一周ゆるり旅・・・東富士五湖道路山中湖ICから反時計回りに富士山麓をほぼ一周し・・・
福井県の断崖絶壁が続く越前海岸を行く!!・・・海際まで山が迫り、断崖絶壁が続く越前海岸・・・
迫力満点の大滝 ふくべの大滝を巡る石川県の旅・・・関西からの代表的な山岳ドライブウエーといえば、高野龍神スカイラインや・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋸山・日本寺

鋸山・日本寺

鋸山山頂に約33万平方メートルの境内が広がる
中村檀林が開かれて、廃檀まで270余年間隆盛を極めた。小西檀林、飯高檀林とともに「関東三大檀林」と称された。近年、境内には8000株の紫陽花が植えられて、名所として人気を集めている。2013年には境内の森の中にあじさい庭園が開園し、50種類以上の珍しい品種のあじさいが散策路わきに植栽されている。

当檀林から奠師法縁、親師法縁(精師法縁、貞師法縁)、達師法縁、境師法縁、要師法縁、莚師法縁の七法縁が発生した。

現住は341世清瀬日草貫首(京都市最然寺より晋山)。奠師法縁(奠統会)。

1319年(元応元年)法華経寺・日祐は千葉胤貞より、土地の寄進を受け、高祐山東福寺を建立する。
1591年(天正19年)正東山日本寺と改称する。
1599年(慶長4年)妙福寺・日円は中村檀林を開檀する。
1630年(寛永7年)身池対論に中村檀林から日充が臨む。
1872年(明治5年)学制発布により、中村檀林は廃檀する。

鋸山・日本寺を含むモデルコースを見る。
千葉県までの航空チケットを手配する。
千葉県の旅館・ホテルを予約をする。
千葉県までのJR・航空+旅館、ホテルを予約する。
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリで探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。