FC2ブログ

最新トピックス

興津宿~由比宿の東海道散策ガイド・・・興津から由比あたりには、宿場町の面影を色濃く残す街並みが続く・・・
情緒と賑わいあふれる城下町 飛騨高山を散策・・・高山は城下町の面影と伝統が今も残る町。・・・
山中湖ICから反時計回りに富士山麓をほぼ一周ゆるり旅・・・東富士五湖道路山中湖ICから反時計回りに富士山麓をほぼ一周し・・・
福井県の断崖絶壁が続く越前海岸を行く!!・・・海際まで山が迫り、断崖絶壁が続く越前海岸・・・
迫力満点の大滝 ふくべの大滝を巡る石川県の旅・・・関西からの代表的な山岳ドライブウエーといえば、高野龍神スカイラインや・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野宮神社


野宮神社
野宮神社(ののみやじんじゃ)は、京都市右京区の嵯峨野にある神社である。旧社格は村社で、現在は神社本教の被包括法人となっている。

豊鍬入姫命を端とした伊勢神宮に奉仕する斎王が伊勢に向う前に潔斎をした「野宮」に由来する神社であると伝えられる。

天皇が代替わりすると、未婚の皇女・女王(平均12~13才、最年少2才、最年長で28才)の中より新たな斎王が卜定され、宮中の初斎院で一年間、そして嵯峨野の清らかな場所を選び造営された野宮に入り約一年間潔斎した後に斎宮寮(現在の三重県多気郡明和町)に向かい伊勢神宮での神事に臨んだ。

その時の行列を「斎王群行」といい、平成10(1998)年より毎年10月の例祭において氏子を中心に「斎宮行列」としてその様子を再現している。

野宮の場所は毎回異なっていたが、嵯峨天皇の代の仁子内親王のときから現在の野宮神社の鎮座地に野宮が作られるようになった。

斎王の制度は南北朝時代、後醍醐天皇の代の祥子内親王を最後に廃絶し、その後は天照大神を祀る神社として存続していたが、度重なる戦乱の中で衰退した。 (狩野永徳筆、洛外名所遊楽図屏風にも当社が描かれている。)

後に後奈良天皇、中御門天皇らの綸旨により再興され、現在まで皇室からの厚い崇敬を受ける。

近年では、昭和55(1980)年3月18日に浩宮徳仁親王殿下、平成6(1994)年2月12日には秋篠宮文仁親王殿下並びに同妃殿下が御参拝された。

野宮神社を含むモデルコースを見る。
京都府までの航空チケットを手配する。
京都府の旅館・ホテルを予約をする。
京都府までのJR・航空+旅館、ホテルを予約をする。
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリで探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。