FC2ブログ

最新トピックス

興津宿~由比宿の東海道散策ガイド・・・興津から由比あたりには、宿場町の面影を色濃く残す街並みが続く・・・
情緒と賑わいあふれる城下町 飛騨高山を散策・・・高山は城下町の面影と伝統が今も残る町。・・・
山中湖ICから反時計回りに富士山麓をほぼ一周ゆるり旅・・・東富士五湖道路山中湖ICから反時計回りに富士山麓をほぼ一周し・・・
福井県の断崖絶壁が続く越前海岸を行く!!・・・海際まで山が迫り、断崖絶壁が続く越前海岸・・・
迫力満点の大滝 ふくべの大滝を巡る石川県の旅・・・関西からの代表的な山岳ドライブウエーといえば、高野龍神スカイラインや・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんばグランド花月

なんばグランド花月

よしもとの笑パラダイス
なんばグランド花月(なんばグランドかげつ)は、大阪府大阪市中央区にある、よしもとクリエイティブ・エージェンシーが運営するお笑い・喜劇専門の劇場(2007年9月まで吉本興業が運営していた)。略称NGK(エヌジーケー)。キャッチコピーは「笑いの殿堂」。

老朽化したなんば花月に代わる劇場として、1987年(昭和62年)に新築開場した。1988年になんば花月が閉館されるまでは両劇場が併用されていた。

吉本新喜劇は、基本的には毎日ここで公演されている。テレビ番組の収録などに使われる「ヨシモト∞ホール大阪」(一時期「NGKホール」→「NGKスタジオ」と称していた)が存在したが、2012年のリニューアルに伴い閉鎖している。

平日は2回公演、土日祝日は3~4回公演である。また開始時間の15分前から無名の若手芸人の前説がある。座席数は全席指定の約900席(混雑時の補助席を含めた席数。固定席は858席)で、お笑い・喜劇専門の劇場としては最大級の収容人数を誇る。2階席を設けたことにより、それまでの三劇場(なんば・うめだ・京都)よりも約100席ほど座席を多く設置している。観客の大半が大阪の観光ルートの1つとしてやってくる地方からの団体枠であり、団体席については、全席自由席だった頃から団体を先に指定箇所に着席させ、着席完了後に一般客をようやく入れる扱いの差があった。

全席自由席のころは立ち見を含め客を極限まで詰め込むことができたため、「こんなにようさん入ってんのに、窓口では『まだ入れます~』言うてますねん。吉本はホンマすごいですわ」などとトミーズの漫才のつかみにもなっていたが、消防法もあり2001年ごろから、全席自由席を止め2階部分のみ指定、さらに完全座席指定制へと徐々に入場制限を厳しくし、それにつれて入場料金の値上げを図っている。また客席から舞台の芸人を撮影することも大衆劇場らしく自由であったが、一連の指定席制の拡大と並行して禁止になった。

吉本興業最大級の劇場であり、また上述の団体客も有り観客の年齢層が高い。近年吉本の全国展開により関西地区以外出身のタレントも同劇場に出演する機会が増えているが、特に若手のタレントは『(客の視線は)ここが一番厳しい』と語っている。

本劇場の建物の名称は開業当初は「吉本会館」であったが、2012年のリニューアルに伴い「なんばグランド花月ビル」に改称された。

なんばグランド花月を含むモデルコースを見る。
大阪府までの航空チケットを手配する。
大阪府の旅館・ホテルを予約をする。
大阪府までのJR・航空+旅館、ホテルを予約をする。
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリで探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。