FC2ブログ

最新トピックス

興津宿~由比宿の東海道散策ガイド・・・興津から由比あたりには、宿場町の面影を色濃く残す街並みが続く・・・
情緒と賑わいあふれる城下町 飛騨高山を散策・・・高山は城下町の面影と伝統が今も残る町。・・・
山中湖ICから反時計回りに富士山麓をほぼ一周ゆるり旅・・・東富士五湖道路山中湖ICから反時計回りに富士山麓をほぼ一周し・・・
福井県の断崖絶壁が続く越前海岸を行く!!・・・海際まで山が迫り、断崖絶壁が続く越前海岸・・・
迫力満点の大滝 ふくべの大滝を巡る石川県の旅・・・関西からの代表的な山岳ドライブウエーといえば、高野龍神スカイラインや・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐田岬灯台

佐田岬灯台

雄大な景観を望む灯台がある四国最西端の地
佐田岬灯台(さだみさきとうだい)は愛媛県西宇和郡伊方町、四国西端に突き出た佐田岬半島の先端に建つ灯台である。

光達距離は約35 kmで、対岸の佐賀関(約14 km)まで十分達する光力を備えている。1966年にはレーマーク・ビーコンが併置され、豊後水道と伊予灘(瀬戸内海)の間を往来する船舶の安全に寄与している。

1918年、対岸の関埼灯台からレンズ・灯器類一式を同灯台から移設し点灯したのが始まり。
1918年(大正7年)4月1日 - 初点灯。
1923年(大正12年)3月30日 - 光源を750 W電球に変更。
1966年(昭和41年)5月1日 - 無線方位信号所設置。
1976年(昭和51年)3月31日 - 黄金碆照射灯初点灯。
1993年(平成5年)4月1日 - 無人化。
1998年(平成10年)3月20日 - 光源を1000 W白熱電球から250 W放電灯に変更。

黄金碆(おうごんばえ)佐田岬の南沖合い650 m付近にある岩礁。潮流が速く座礁が絶えないことから、1950年9月に灯柱が立てられた。しかし、保守作業が大変危険を伴うものであったため、1976年に佐田岬灯台から岩礁を照射する方式に変更された。

佐田岬灯台を含むモデルコースを見る。
愛媛県までの航空チケットを手配する。
愛媛県の旅館・ホテルを予約をする。
愛媛県までのJR・航空+旅館、ホテルを予約をする。
スポンサーサイト
検索フォーム
カテゴリで探す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。